一人事業は何かと大変!電話代行と業務アウトソーシングの上手な活用方法

一人起業家の頼れる味方

会社設立に係る法的要件が緩和されたり手続きが簡略化されたりしたこともあって、近年はたった一人で事業を興す人も増えてきました。このような人たちがビジネスを円滑に進めていくうえで大いに役立っているのが、さまざまなアウトソーシングサービスです。
アウトソーシングは企業経営に必要な各種の業務を外部委託することで、効率化を実現できるサービスです。従来であれば、人手が足りない時は新たに社員を雇用する必要がありました。ただ、業務量はしばしば変動するのに対し、人員を頻繁に増減させるのはコスト的にも労務管理上も困難です。こうした場合にアウトソーシングサービスを活用すれば、必要な業務を必要な時だけ委託できるため、スムーズで無駄のない経営が可能になります。
現在普及しているアウトソーシングサービスは非常に多岐にわたりますが、一人起業家のような小規模事業者において特に有用なのが、電話代行サービスです。

大事な電話を逃がさない

電話代行サービスは、会社あてにかかってきた電話を専門の代行業者のもとへ転送し、プロのオペレーターに代理応答してもらえるというものです。通話の内容は文字に起こされ、メールやファックスによって随時報告されます。依頼者はその内容を確認して、折り返し連絡するなどの事後対応をとることができます。 一人で事業を行っている場合、当然ながら外回り営業や顧客との打ち合わせなどはすべて自ら行わなければなりません。そのため、電話がかかってきても常に対応できるとは限りません。かといって、応答せずにいたら大事なビジネスチャンスを逃がしてしまうおそれがあります。 電話代行サービスは、このようなリスクを避けるのに役立ちます。しかも料金体系はコール数に応じた月単位の定額制を採用している業者が多いので、自社の実情に合った契約をすれば合理的なコストでの委託が可能です。