今の電話対応に満足?自社の電話対応と電話代行会社とのちがい

固定電話時代と光電話時代

電話が固定電話だった頃は、回線はまだ光ケーブルではありませんでした。電話料も、NTTに基本料を預けていたので、3分間いくらの通話料のみで済んでいました。その頃、会社の営業には、電話ができないと雇ってもらえないくらい、貴重な存在でした。会社には必ず電話がありまして、従業員が電話の応対をしていたのです。
それが、現在では、インターネットが主流になり、電話も光回線と一緒になってきました。そして光電話というものが普及し始めてきてから、パソコンで音声が伝えられるようになりました。そこで、企業に電話代行サービスというものが生まれてきたのです。最近では会社内で電話を受けるのではなく、会社以外の人が応対するのです。さらに、必要であれば会社につなぎ呼び出すのです。こういった方法が現在は広く行われています。

電話代行サービスの利点とリスク

電話代行サービスは、会社外で電話を受けることができます。そこで、電話を受ける人が電話窓口の専門家であれば、会社にいる必要がなくどこにいてもかまいません。パソコンがあれば、家にいてもできるのです。これは、労働条件などでかなりの利点があります。また、他の会社へ委託すると、雇用者も減らすことができます。 しかし、会社にされた電話は必ず代行者へ回されるので、電話をする客からすると一度は待たされることになり、不愉快な気持ちになります。会社によっては、代行者へ回る時間がかなり長いところもあります。音楽などで気持ちを和ませているようですが、あまり長くなりすぎるとそうはいきません。 電話代行サービスになってから、客からすると少しサービスが悪くなったように見受けられます。この点が電話代行サービス上、これからの改善の課題点でしょう。